企業行動憲章

Posted on by

私たち山梨峡北交通株式会社及び構成するkyohokuグループは、法律、商慣行、社会倫理などのルールに基づいて企業活動をしています。
社会の中の一員として、そのルールに準じ、ビジネスパートナーのみならずあらゆる業種業態と相利共生のもと社会に尽くしていきます。

社会貢献を通じて企業は成長してゆくものであれば、企業の社会的責任である社会貢献を果たし、信頼を得ることで企業が存在する価値(意味)が生まれるものと考えます。

安全を提供し、より良質なサービスを追求し続け、
お客様のニーズに応えるべく、必要とされる企業を目持しチャレンジを続けていきます。

そのために、私たち取締役含め全従業員はそれぞれの役割を十分に理解し、お客様の信頼と共感を得るために適正な企業ガバナンスをもって効率的な企業活動を以下に定め、経営トップは、それぞれの項目について、この憲章の精神を尊重することにより社会的責任を果たすことが自らの役割であることを認識し、この憲章の精神を尊重し、本憲章を確実に実行するために、定期確認の実施をはじめとする効果的な社内制度を整備いたします。

(1)お客様満足度の追求


お客様の立場に立ち、質の高いサービスを提供するため、より良い商品と接客、より高い運転技術を目指します。

(2)事業パートナーとの共栄


事業パートナーとは公明・公正な関係に徹し、お互いの繁栄を目指します。

(3)良好な労働環境の確保


企業の原動力は「人」であり、従業員一人一人がその能力を最大限に発揮できるよう、適切な労働環境を作り上げるよう努めます。

(4)独創行動型社員の育成


人の価値を高めることが企業の成長に重要と考え、独創力、判断力、行動力を持ち、個性と能力を発揮し良識ある社会人として通用する人材を育成します。

(5)企業責任、健全な事業活動の実践


企業としての社会的責任を理解し、加速する社会の変化に適応し、ビジネスチャンスを的確に捉えると社会と従業員の繁栄のため挑戦し続けます。

ビジネスコンプライアンスに徹し、反社会的勢力との隔絶、フェアで自由な競争を行います。 また、お取引先とは、公平に接し、適正な取引を行います。

(6)情報開示、セキュリティ


お客様はもとより、お取引先、従業員など、あらゆるステークホルダーとのコミュニケーションを図るとともに、企業および商品・サービスに関する適正な情報を適時に開示・提供します。
また、保有する重要な情報について、情報セキュリティの確保に努めるとともに、お客様、お取引先、従業員などからお預かりした個人情報の保護に努めます。

(7)社会との調和・共生


地域・文化との調和を大切にし、環境、教育、福祉の分野などにおける社会貢献活動を積極的に行い、相利共生のもと社会の発展に尽くしてゆきます。

 

 

会社概要 CSR活動 運輸安全マネジメント 3つのこだわり ガイドライン PrivacyPolicy